アトム株式会社

トップ  ⁄  採用情報  ⁄  外食本部 永野 詩歩 青木 春香

食向上心さえあれば着実にステップアップすることができます
外食本部 永野 詩歩 SHIHO NAGANO
デザイナー
2014年入社
外食本部 青木 春香 HARUKA AOKI
デザイナー
2014年入社
PART 01
依頼者の要求に応え、自分も納得できるものを作りつつ、
納期に間に合わせる

企業の社内デザイナーとしてほかの部署と連携し、地産地消などをテーマとしたデザインを地元の身近な方々に届けたい―そう考えていた私にとってアトムは理想的な会社で、生産から加工、販売までを手がけている点にも強くひかれました。

手がけるのは各直営店で使用する印刷物やメニュー、POPなどの販促物が中心です。私はMacを使ったレイアウトと写真撮影を主に担当していますが、手書きによるイラストや文字の制作、コピーライティングを行うこともあります。限られた制作期間の中で依頼者の要求に応え、自分も納得できるものを作りつつ、納期に間に合わせることが難しく、またやりがいにも感じています。

デザイナーの先輩社員が退職した入社2年目以降は、もう1人のデザイナーである同期入社の青木さんと常に相談・確認し合いながら仕事を進めています。会社の業務内容が幅広く、社長や各店長、ほかの部署の方々とやりとりする機会も多いため見識が広がり、デザイナーとしてだけでなく社会人としても日々成長できている実感があります。

PART 02
若手でも自分から手を挙げれば仕事を任せてもらえる会社です

印象に残っている仕事は、福岡空港国内線のフードコートに出店しているハンバーガーショップ〈レッドブルックリン〉のメニューなどのデザインです。フードコート全体がシックな内装だったため、店名にもなっている赤をあえて使わず落ち着いたトーンでまとめるのが難しかったです。制作期間が10日ほどしかなかったこともあってオープン当日の達成感は大きく、その後の売り上げも順調と聞いて自分の頑張りが報われた気がしました。新店舗のイメージをゼロから作り上げていく大変さと、既存店の仕事とは違う面白さの両方を経験し、デザイナーとしての幅を広げる良い機会になったと思います。

アトムはチャレンジ精神が旺盛で、私たちのような若手でも自分から手を挙げれば仕事をどんどん任せてもらえる会社です。自分の可能性を試したい、広げたいと思っている方にぜひお薦めしたいですね。私も今後はウェブデザインのスキルを磨き、各店舗・ブランドの販促に直結するような新しい表現に挑戦していきたいです。

PART 03
デザインは、自己満足の作品ではなく、
お客様の心に響くものを生み出すこと

デザインにはいろいろな手法がありますが、私は学生時代からパソコンを使ったデジタル作業より、手書きや切り貼りなどのアナログ作業に魅力を感じていました。アトムで働きたいと思ったのも筆文字などを使った温かいタッチのデザインが多かったからで、入社後もイラストや手書き文字などを主に担当しています。

仕事を進める上では、自分に求められているものは何か、どうすればお客様に「買いたい」「食べてみたい」と思っていただけるのかを常に意識しています。というのも入社当初、社長から何度もデザイン案を“ダメ出し”された経験があるからです。依頼者の意図やイメージとかけ離れたものや、お客様の心に響かないものは通用しません。自己満足の“作品”であってはいけない。そう気づいてからは、レイアウトはもちろん色使いや書体、文章など細部に至るまで、消費者の視点から客観的に考えるよう努めています。

PART 04
コミュニケーションの取りやすさ、情報の伝達スピードの速さ、
風通しの良さが強み

アトムは事業内容が幅広く、店舗や商品も多いため依頼ごとにデザインの内容が異なり、新ブランドのイメージ作りなど経験したことがない仕事も少なくありません。常に新鮮な気持ちで仕事と向き合い、納品のたびに新しい満足感や達成感を得られるのが大きな魅力です。

当社には生産・加工・販売など各分野の専門家がそろっていて、商品に関する疑問点があってもすぐに解消し、仕事をスムーズに進めることができます。社長も各地を飛び回って得た耳寄りな情報をダイレクトに伝えてくれるのでデザインに反映させやすく、完成度もより高まります。そうした社内でのコミュニケーションの取りやすさ、情報の伝達スピードの速さ、風通しの良さが当社の大きな強みだと思います。

アトムでは、デザイン以外のどの部署でも責任の伴う仕事でも任せてもらえるため、向上心さえあれば着実にキャリアを積み、ステップアップすることができます。私も、今後はもっと積極的に店舗へ出向いてスタッフの要望を聞き、お客様の様子などを観察した上で必要な販促物や、売り上げアップに貢献できる企画を提案し、自分自身の成長にもつなげていきたいです。

TIME SCHEDULE

8:30 永野さんは電車と徒歩で約50分、青木さんは自転車で約25分かけて出社
8:45 朝礼。全社員による経営理念や行動規範などの唱和とラジオ体操
9:00 メールの内容に応じてスケジュールを確認・調整
9:30 メールやファックスをチェック。新規の制作依頼があれば担当者に疑問点などを確認後、情報収集を行い、
デザインの構想を練る。依頼がなければ進行中の案件に取りかかる
11:30 昼食・休憩。2人ともお手製の弁当派で、みそ汁を欠かすことはない
12:30 引き続きデザイン業務。必要に応じて、店舗で販促物の設置やスタッフとの意見交換、
新メニューの写真撮影など。他社の人気店の視察へ出向くことも
17:00 写真の整理、納品物の梱包・発送準備、午前中やりとりできなかった依頼者への連絡・確認など。
終業前に2人で進捗状況を報告・連絡・相談
18:00 退社

OTHER

台湾・韓国山本 剛 2002年入社
タイ佐藤 康久 2002年入社
営業部小嶋 智久 2005年入社
原田店花田 草太 2016年入社
食を通じて
お客様に本物の感動を
アトム株式会社 〒813-0062 福岡市東区松島5-17-25 TEL:092-622-9144
© 2017 ATOM Co., Ltd.

ページのトップへ